検索
  • kenji kawara

高齢者糖尿病の治療開始手順、治療目標、内服薬の選択は?


高齢患者さんの高血糖に遭遇し、そもそも治療すべきかな?治療するとしたらどのように治療すべきかな?と判断に迷うことはよくあることだと思います。


今回は、「高齢者糖尿病の治療開始手順、治療目標、内服薬の第一選択、上乗せ方法は?」という疑問を解消するために少し調べてみました。



※実例をもとに、架空の症例提示をしています


【症例】

86歳男性、ADLは床上生活で運動療法困難

HbA1c:9.2%



【既往歴】

糖尿病、腎機能障害、持続性心房細動、前立腺肥大症、骨粗しょう症



【内服歴】

リクシアナ、ネキシウム、

トリクロルメチアジド、スピロノラクトン

グラクティブ

シロドシン

エディロールカプセル



【Clinical Question】

高齢者糖尿病の治療開始手順、治療目標は?



【私的結論】

本患者においては、既にHbA1cが9%を超えていたことから、食事療法を見直すとともに、内服薬の上乗せを行う


  • 食事療法については、以前に食欲不振があった際に処方したエンシュアHiに加え、自費でメイバランスを服用していたこと、現在は7-8割の食事摂取があることなどから、まずは栄養補助食品を減量していく方針とした

  • 上乗せする内服薬については、本来の第一選択薬であるビグアナイド系を選択する。




【HbA1c評価後の治療開始手順】


【HbA1cの治療目標】


【経口血糖降下薬の選択】



【参考文献】




#糖尿病 #経口血糖降下薬 #ポリファーマシー #メトホルミン #DPP4阻害薬

0件のコメント